御霊紙

御霊紙

御霊紙

御霊紙

手元供養(自宅供養)の仕方やお墓に関するご意見ご要望に応える目的で、弊社はお墓や仏壇・位牌の代用としての御霊紙を一品一品お作りしています。御霊紙は、故人のご遺骨を粉末化(ご遺灰)し、ご遺灰の少量を和紙に配合し供養紙を制作します。故人の「遺影写真」と「御霊紙」を重ね合わせ、美術館並みの「保存額装」を施します。

“新しいカタチの御霊の祀り方・洗練された手元供養のカタチ”をお薦めし、ご遺族からご好評を頂いています。

御霊紙で手元供養

コウゾ、ミツマタ、ガンピ

御霊紙のベースは和紙です。和紙の元は植物で大地より水分を吸い上げ太陽光で呼吸し、季節には可憐な花を沢山咲かせます。天然自然素材の和紙は、植物のコウゾ、ミツマタ、ガンピなどの木の皮を主原料とし、素材の持つしっとりとした風合いと光沢を持ち、落ち着いた味わいがあります。

和紙の持つ天然素材の特徴は、温かさと安らぎと潤いを与えます。そして、癒しと気品が感じられます。天然自然素材で制作された和紙と鉱物素材で制作した供養品(壺・ガラス・金属)とでは、大きく癒しの面で違いがあります。

故人を思いやる供養品の素材として、他に比較する素材は有りません。故人様のご遺灰を包む自然素材として、ご遺族にご満足頂けるものと存じます。

無料相談お問い合わせ

  • お問い合わせフォームはこちら
  • 必要書類ダウンロードはこちら